森林文化協会からのお知らせ
つくば万博の森

コブシの花咲く宝篋山に登りました 茨城県つくば市

060%e3%82%b3%e3%83%96%e3%82%b7春の日差しにあふれた4月5日(水)、「つくば万博の森」のある茨城県つくば市の宝篋山(ほうきょうさん、461メートル)に登りました。

上りは極楽寺コース。所々にお寺の跡を見ることができます。ふもとではウグイスがさえずり、道端にはナズナ、ザゼンソウ、ヒメオドリコソウなどの春を告げる小さな花たち。濃淡のある紫色の花を咲かせたスミレにも目がとまります。ヤブツバキが咲く沢沿いをしばらく進みました。ふと足元を見ると、白い花びらが。見上げると、大きなコブシの木がたくさんの花をつけていました。

119%e3%81%99%e3%81%bf%e3%82%8cゆっくり歩いて約2時間、山頂に到着。筑波山をながめながら昼食をいただきました。休憩後、北へ少々歩いて、1986年に建てられた「万博の森」の記念碑を訪れました。森の苗木購入のために寄付をした42千人の名前が銅板に刻まれ、その中に有名な女優さんの名前を見つけました。

104-2%e8%a8%98%e5%bf%b5%e7%a2%91下りは常願寺コース。アップダウンを繰り返し、長い坂道を下ると沢があり、せせらぎを聞きながら下山しました。

宝篋山周辺の環境整備をしているNPO法人小田地域振興協議会の東郷重夫事務局長は「今年は開花が遅れています。これからヤマザクラ、フジ、ツツジが順々に咲いていきます」と話していました。同協議会は5月13日(土)のスタンプラリー開催に向けて準備中。問い合わせは宝篋山小田休憩所(029-867-1368)へ。

 

 

PAGE TOP