発行物

年報「森林環境」

 森林や環境の問題に携わる研究者や記者でつくる森林環境研究会が、1年間の活動の中で生み出す緑の年報で、2004年以来、発行を続けています。毎年、その年にふさわしい特集テーマを設定し、研究会が選んだ専門家が多角的な視点から分析、論考を提示しています。また、特集以外の今日的な話題は「トレンド・レビュー」として取り上げ、新聞報道や各種のプレスリリースから1年間の動向をたどる「森林環境年表」も収録しています。

 最新刊から『森林環境2015』までは、このHPからPDFを無料で閲覧できます。『森林環境2014』以前のバックナンバーをご希望の方は、森林文化協会へご連絡ください。

「森林環境2021」 特集・森林と自然エネルギーを再考する

森林や環境に携わる研究者やジャーナリストらでつくる森林環境研究会が、1年間の活動の中で生み出した年報です。

%e8%a1%a8%e7%b4%99%e3%83%aa%e3%82%b5%e3%82%a4%e3%82%ba

特集テーマは「森林と自然エネルギーを再考する」です。地球温暖化の原因とされる二酸化炭素を出さないように、エネルギー源として化石燃料に頼ることなく、太陽光や風力といったさまざまな自然エネルギー(再生可能エネルギー)への転換が望まれています。このうち森林は二酸化炭素の吸収源として期待が高まっています。特集では、これらの自然エネルギーは果たして活用できているのか、できていないとすれば何が課題となっているのか、を探る糸口を提供しています。

※有料(定価1980円・税込み)の印刷版をご希望の方は、森林文化協会へご連絡ください。

 

  • 編著=森林環境研究会
  • 責任編集者=村山知博+青木謙治
  • 発行=公益財団法人森林文化協会

目次

1章. 自然エネルギーの現状を考える
その1 世界は「自然エネ100%」へ動き出した/大野輝之
その2 営農型太陽光発電で農業・再エネを同時振興/吉田好邦
その3 日本国内のエネルギー転換への展望/松原弘直
その4 自然エネルギーと農山漁村の調和/馬上丈司
その5 洋上風力発電は再エネのトップランナー/荒川忠一
2章. 森林とエネルギー
その6 日本の再生可能エネルギー政策と森林環境/高橋 洋
その7 熱帯の泥炭、永久凍土の行方/伊藤昭彦
その8 森林エネルギーによる内発的発展/春日隆司
その9 私たちの生活の中にある木材は炭素の貯蔵庫/加用千裕
その10 建築材料から見た木材の省エネルギー/古俣寛隆
その11 バイオマスエネルギーの可能性と課題/泊みゆき
総括
連載を通して学んだこと、今後の日常生活への活かし方/村山知博・青木謙治
トレンド・レビュー
扉+裏表紙側目次
新型コロナウイルスが問いかける私たちの食と農/田村典江
コロナ禍の農山漁村への影響と都市集中是正/山本信次
ポストコロナ時代の観光のカタチ/田中伸彦
コロナ禍における海洋プラスチック汚染を考える/原田禎夫
緑のデータ・テーブル
2020年 森林環境年表
あとがき・奥付
森林環境研究会名簿

全文一括ダウンロード

PAGE TOP