発行物

年報「森林環境」

「森林環境2013」 地域資源の活かし方 -人・自然・ローカルコモンズ-

2013身近な里山問題から世界の森林事情にいたるホットな話題を掲載。科学と政策、文化をつなぐ環境年鑑です。
(1)特集:地域資源の活かし方-人・自然・ローカルコモンズ-、(2)トレンド・レビュー、(3)緑のデータ・テーブルの3部構成。

  • 編著=森林環境研究会
  • 責任編集者=松下和夫・井上真
  • 発行=(公財)森林文化協会
  • 発売=朝日新聞出版
  • 定価=本体2,000円(税別)、協会会員は1,800円(税別)

目次

まえがき
復旧・復興や地域資源は誰のため?/井上真
巻頭論文
限りある生態資源を利用する/秋道智彌
1<特集:地域資源の活かし方-人・自然・ローカルコモンズ->
多様に広がるコモンズの世界/三俣学
入会から世界を変える/齋藤暖生
森林ボランティアと農山村がつくる「開かれたコモンズ」/山本信次
限界集落とローカルコモンズ/大久保実香
撤退する農山村のランドスケープ再編/一ノ瀬友博
コモンズの進化生態学的起源と「さとやま」/鷲谷いづみ
危機に瀕する京のグリーンコモンズ/森本幸裕
地域資源としてのフットパス/泉留維
旧入会地の茅場を復活/海老沢秀夫
2<トレンド・レビュー>
グリーン経済の意味するもの/松下和夫
森林と人間社会/池田憲昭・M.ランゲ
渚の生態系サービスを取り戻す/鈴木孝男
森林と放射能汚染/森治文
「脱原発」から「脱・脱原発」か?/竹内敬二
過疎地の震災復興/伊藤智章
3<緑のデータ・テーブル>
2012年の温暖化交渉/竹内敬二
2012年森林環境年表/編集部
<コラム>
海岸砂防林の頑張りを見直そう/桜井尚武

PAGE TOP