発行物

年報「森林環境」

「森林環境2010」 生物多様性COP10へ

2010身近な里山問題から世界の森林事情にいたるホットな話題を掲載。科学と政策、文化をつなぐ環境年鑑です。
(1)特集1:愛知・名古屋COP10へ向けて、(2)特集2:生物多様性保全の現場から、(3)トレンド・レビュー、(4)緑のデータ・テーブルの4部構成。

  • 編著=森林環境研究会
  • 責任編集者=森本幸裕+竹内敬二
  • 発行=(財)森林文化協会
  • 発売=朝日新聞出版
  • 定価=本体2,000円(税別)、協会会員は1,800円(税別)

目次

まえがき
生態圏 壊すのも人間、直すのも人間/竹内敬二
巻頭言
生物多様性を護るとはどういうことか/岩槻邦男
1<特集1:愛知・名古屋COP10へ向けて>
COP10の論点と愛知・名古屋以降の課題/香坂玲
COP10への期待 国際NGOの視点/日比保史・千葉知世
COP10とSATOYAMAイニシアティブ/渡辺綱男
企業の生物多様性戦略/足立直樹・御厨英美子
生物多様性の保全と再生 愛知県の取り組み/石田晴子
2<特集2:生物多様性保全の現場から>
里の自然再生「久保川イーハトーブ世界」の取り組み/須田真一・鷲谷いづみ
協働による自然林の順応的再生活動/鎌田磨人
都市の生物多様性をデザインする/森本幸裕
猪名川上流域の里山林「台場クヌギ」林の特性/服部保
人工林管理と生物多様性/速水亨
森林経営のリスク対策と生物多様性のバランス/金沢滋
人工林で生物多様性をどう考えるか/長池卓男
エコツーリズムは生物多様性に貢献できるか/小川巌
3<トレンド・レビュー>
木質バイオマスを活用した地域の再生/井坂暢也・松下和夫
4<緑のデータ・テーブル>
2009年の温暖化交渉/竹内敬二
2009年 森林環境年表
<コラム>
生物多様性にみる「空間」と「時間」/有馬孝礼
生物多様性オフセット/海老沢秀夫

PAGE TOP