発行物

月刊「グリーン・パワー」

 森と人の文化誌『グリーン・パワー』(月刊)は、1979年の創刊以来、森林文化協会が発行を続けている緑の総合情報誌です。身近な動植物の話題から、都市と農山村の交流、伝統的な文化・技術、農林業の動向、さらには国内外の環境問題まで、幅広い情報を収録しています。老若男女を問わず、森林を守り育て自然に親しみながら生きる暮らしのために、役立ててもらえる雑誌を目指しています。AB判36ページ。

購読方法

会員の方
毎月、送付します(ただし、サポート会員と子ども会員は除く)。HPの「入会のご案内」から、入会をお申し込みください。
一般の方
1部305円(税・送料別)、年間購読3660円(12冊、税・送料別)でお届けします。
電話(03-5540-7686)、FAX(03-5540-7662)、メール(info@shinrinbunka.com)でお申し込みください。
送付先の住所、氏名、電話番号をお知らせください。

現在発売中 2020年9月号(9月1日発売)の主な内容

  • ◇九月の絵暦/ニジマスとアワフキムシ(村上康成)
  • ◇時評/祇園祭からグリーン・リカバリーへ(森本幸裕)
  • ◇NEWS/「緑の回復」 新型コロナ後対策、遅れる日本(石井徹)
  • ◇森林アメニティのすすめ/森林散策カウンセリング③ 森林の選択(竹内啓恵)
  • ◇未来へ森を 福島報告/木材から偶然に作り出されたセシウム沈殿剤(大塚祐一郎)
  • ◇自伐林業への旅/自伐型林業は全国で展開できるのか(中嶋健造)
  • ◇わが里 観る知る守る/タンポポ調査・西日本実行委員会・中(木村進)
  • ◇温暖化と日本の海/死滅回遊魚②魚類相が変わる?(山本智之)
  • ◇土のふしぎ/雑草のなやみ(藤井一至)
  • ◇漆で未来は変えられる/コロナ禍から生まれたウルシの新活用(柴田幸治)
  • ◇地球の森と出逢う旅/モンテベルデ・コスタリカ(小林廉宜)
  • ◇時空を超えて広がる アイヌの世界/アイヌ文化と木彫り熊(手塚薫)
  • ◇木のおもちゃを創造する/木工作はエンターテインメント(貝原亜理沙)
  • ◇森林文化通信/昆虫学者・桐谷圭治さんが死去(清水弟)
  • ◇環境ウォッチ/経産省、旧式石炭火力を100基削減(竹内敬二)
  • ◇森林と自然エネルギーを再考する/森林エネルギーによる内発的発展(春日隆司)
  • ◇BOOK/『タネはどこからきたか?』『在来野草による緑化ハンドブック』
  • ◇亜熱帯やんばるの森/小鳥やコウモリまでも捕食(湊和雄)

発行物

「グリーン・パワー」
バックナンバー

  • ①2011年以降の『グリーン・パワー』各号で発行から3年を経過したものは、準備の整った時点で順次PDFを公開します。
  • ②バックナンバーの「〇月号」が青文字で書かれた号は、PDFをダウンロードできます。
  • ③著作権者から公開の了解が得られていない一部のコンテンツについては、緑色のマスクをかけてあります。
  • ④全面広告のページは掲載していません。

2020年

2019年

2018年

2017年

2016年

2015年

2012年

2011年

PAGE TOP