発行物

月刊「グリーン・パワー」

 森と人の文化誌『グリーン・パワー』(月刊)は1979年の創刊で、森林文化協会が発行してきました。身近な動植物の話題から、都市と農山村の交流、伝統的な文化・技術、農林業の動向、さらには国内外の環境問題まで、幅広いテーマをとり上げています。

 月刊誌としての発行は、2021年12月号をもって終了しました。22年1月以降はデジタル版で発信しています。

デジタル版「Webグリーン・パワー」はこちら

最新 2021年12月号(12月1日発売)の主な内容

  • ◇十二月の絵暦/ウソ(村上康成)
  • ◇時評/ストックホルムから50年、リオから30年(松下和夫)
  • ◇NEWS/全国にひろがる「おもちゃ美術館」~来年1月から新連載に向けてのメッセージ~(馬場清)
  • ◇IGESリレートーク リレートークを振り返って(森秀行)
  • ◇世界の森からSDGsへ/住民の参画による持続可能な地域づくり(柴田晋吾)
  • ◇LIFE 都市と山林をつなぐこと/山に関わる人を増やしたい(木田正人)
  • ◇わが里 観る知る守る/神奈川県植物誌調査会(勝山輝男)
  • ◇海の酸性化/エビやカニにも影響が(山本智之)
  • ◇切手が発信する緑のメッセージ/緑の地球を22世紀へ!(羽賀正雄)
  • ◇茅葺きルネサンス/茅のように 茅葺きのように わたしはなりたい(上野弥智代)
  • ◇世界遺産「生きている地球」/ヒエラポリス - パレッカレ・トルコ(富井義夫)
  • ◇京都御苑の魅力/雨庭都市・京都の拠点(森本幸裕)
  • ◇木のおもちゃと木育の広め手/年輪の様に広がる木育(橋坂智子)
  • ◇森林文化通信/ホテル建設もコンクリートから木造へ 先人から学ぶウッドチェンジ(浅井秀樹)
  • ◇環境ウォッチ/動き出す洋上風力、一からの出発 関連産業が育てば「令和の新産業都市」に?(竹内敬二)
  • ◇森とともにどう生きてきたか/都市から読み解く里山~薪炭からマツタケまで~(佐久間大輔)
  • ◇BOOK/『木が創った国』『わたしたちの家が火事です』
  • ◇亜熱帯やんばるの森/陸に適応すう小さな「恐竜」(湊和雄)

発行物

月刊『グリーン・パワー』
バックナンバー
(2011年~2021年)

  • ①2011年以降の『グリーン・パワー』各号で発行から3年を経過したものは、準備の整った時点で順次PDFを公開します。
  • ②バックナンバーの「〇月号」が青文字で書かれた号は、PDFをダウンロードできます。
  • ③著作権者から公開の了解が得られていない一部のコンテンツについては、緑色のマスクをかけてあります。
  • ④全面広告のページは掲載していません。

2021年

2020年

2019年

2018年

2017年

2016年

2015年

2012年

2011年

PAGE TOP