発行物

月刊「グリーン・パワー」

 森と人の文化誌『グリーン・パワー』(月刊)は、1979年の創刊以来、森林文化協会が発行を続けている緑の総合情報誌です。身近な動植物の話題から、都市と農山村の交流、伝統的な文化・技術、農林業の動向、さらには国内外の環境問題まで、幅広い情報を収録しています。老若男女を問わず、森林を守り育て自然に親しみながら生きる暮らしのために、役立ててもらえる雑誌を目指しています。AB判36ページ。

購読方法

会員の方
毎月、送付します(ただし、サポート会員と子ども会員は除く)。HPの「入会のご案内」から、入会をお申し込みください。
一般の方
1部305円(税・送料別)、年間購読3660円(12冊、税・送料別)でお届けします。
電話(03-5540-7686)、FAX(03-5540-7662)、メール(info@shinrinbunka.com)でお申し込みください。
送付先の住所、氏名、電話番号をお知らせください。

現在発売中 2020年7月号(7月1日発売)の主な内容

  • ◇七月の絵暦/カワセミとトキ(村上康成)
  • ◇時評/ウイルスとの共生 ポスト・コロナ禍を考えよう(森本幸裕)
  • ◇NEWS/種子の行方 鳥よりタヌキの方が遠くへ(綱本良啓)
  • ◇森林アメニティのすすめ/森林散策カウンセリング① 森との出会い(竹内啓恵)
  • ◇未来へ森を 福島報告/被災地の飛翔性昆虫はいま(吉岡明良)
  • ◇自伐林業への旅/高密度路網の「使い続けられる壊れない道」が土砂災害を防ぐ(中嶋健造)
  • ◇わが里 観る知る守る/NPO法人 森づくりフォーラム・下(宮本至)
  • ◇温暖化と日本の海/黒潮が速くなる?(山本智之)
  • ◇土のふしぎ/土とヒトとウイルスの関係(藤井一至)
  • ◇漆で未来は変えられる/伝統を次世代につなぐイノベーター(柴田幸治)
  • ◇時空を超えて広がる アイヌの世界/コタンに春を告げるホホチリ=ウグイス(久井貴世)
  • ◇木のおもちゃを創造する/小さな患者さんに安心を(貝原亜理沙)
  • ◇森林文化通信/赤沢森林浴を「在宅」で楽しもう(斎藤義浩)
  • ◇環境ウォッチ/新型コロナウイルス、対策の問題点(竹内敬二)
  • ◇森林と自然エネルギーを再考する/日本の再生可能エネルギー政策と森林環境(高橋洋)
  • ◇BOOK/『森林・林業のコロンブスの卵』『アフリカ昆虫学』

発行物

「グリーン・パワー」
バックナンバー

  • ①2011年以降の『グリーン・パワー』各号で発行から3年を経過したものは、準備の整った時点で順次PDFを公開します。
  • ②バックナンバーの「〇月号」が青文字で書かれた号は、PDFをダウンロードできます。
  • ③著作権者から公開の了解が得られていない一部のコンテンツについては、緑色のマスクをかけてあります。
  • ④全面広告のページは掲載していません。

2020年

2019年

2018年

2017年

2016年

2015年

2012年

2011年

PAGE TOP