発行物

月刊「グリーン・パワー」

 森と人の文化誌『グリーン・パワー』(月刊)は、1979年の創刊以来、森林文化協会が発行を続けている緑の総合情報誌です。身近な動植物の話題から、都市と農山村の交流、伝統的な文化・技術、農林業の動向、さらには国内外の環境問題まで、幅広い情報を収録しています。老若男女を問わず、森林を守り育て自然に親しみながら生きる暮らしのために、役立ててもらえる雑誌を目指しています。AB判36ページ。

購読方法

会員の方
毎月、送付します(ただし、サポート会員と子ども会員は除く)。HPの「入会のご案内」から、入会をお申し込みください。
一般の方
1部305円(税・送料別)、年間購読3660円(12冊、税・送料別)でお届けします。
電話(03-5540-7686)、FAX(03-5540-7662)、メール(info@shinrinbunka.com)でお申し込みください。
送付先の住所、氏名、電話番号をお知らせください。

現在発売中 2019年 10月号(10月1日発売)の主な内容

  • ◇NEWS/石垣のサンゴ危機 「開発が地域脅かす」と住民ら提訴(柳田裕行)
  • ◇十月の絵暦/ウリ坊とベニテングダケ(村上康成)
  • ◇時評/浚渫で継承するレフュージア(森本幸裕)
  • ◇増えるクマ 減る人間/鳥獣管理における知床財団の役割(葛西真輔)
  • ◇未来へ森を 福島報告/続・福島県の林業再生の課題(早尻正宏)
  • ◇意外と知らない 森の素顔/遷移の行き着く先はスタートの時点で決まっている(正木隆)
  • ◇わが里 観る知る守る/王子の森を未来につなげる④(田中良正)
  • ◇人と地球の基礎知識/化学物質(佐々木英輔)
  • ◇ハマる 超絶自然/自然界における性転換(早川宗志)
  • ◇再発見 大工道具の魅力/精度を求めて――多彩な道具へ(坂本忠規)
  • ◇地球の森と出逢う旅/香格里拉・中国雲南省(小林廉宜)
  • ◇インドネシアの「里山」/テンカワンの村訪問記(広若剛)
  • ◇木のおもちゃで地域をデザインする/東京に産まれる「木のおもちゃの村」(星野太郎)
  • ◇森林文化通信/虫に食われ枯死、蔵王の樹氷を守れ!(青山絵美)
  • ◇環境ウォッチ/アマゾンが燃えている、昨年の8割増(竹内敬二)
  • ◇暮らしの中の熱帯⑩/カルダモンからみる水源林の開発と消失(石橋弘之)
  • ◇暮らしの中の熱帯⑪/アマゾンの薬用植物利用とハーブの流通(戸田美紀)
  • ◇BOOK/『昆虫の体重測定』『土 地球最後のナゾ』
  • ◇亜熱帯やんばるの森/飼育ブタとの交雑、広がる(湊和雄)

発行物

「グリーン・パワー」
バックナンバー

  • ①2011年以降の『グリーン・パワー』各号で発行から3年を経過したものは、準備の整った時点で順次PDFを公開します。
  • ②バックナンバーの「〇月号」が青文字で書かれた号は、PDFをダウンロードできます。
  • ③著作権者から公開の了解が得られていない一部のコンテンツについては、緑色のマスクをかけてあります。
  • ④全面広告のページは掲載していません。
  • 月号
  • 2018年

    2017年

    2016年

    2015年

    2012年

    2011年

    PAGE TOP