発行物

月刊「グリーン・パワー」

 森と人の文化誌『グリーン・パワー』(月刊)は、1979年の創刊以来、森林文化協会が発行を続けている緑の総合情報誌です。身近な動植物の話題から、都市と農山村の交流、伝統的な文化・技術、農林業の動向、さらには国内外の環境問題まで、幅広い情報を収録しています。老若男女を問わず、森林を守り育て自然に親しみながら生きる暮らしのために、役立ててもらえる雑誌を目指しています。AB判36ページ。

購読方法

会員の方
毎月、送付します(ただし、サポート会員と子ども会員は除く)。HPの「入会のご案内」から、入会をお申し込みください。
一般の方
1部305円(税・送料別)、年間購読3660円(12冊、税・送料別)でお届けします。
電話(03-5540-7686)、FAX(03-5540-7662)、メール(info@shinrinbunka.com)でお申し込みください。
送付先の住所、氏名、電話番号をお知らせください。

現在発売中 2018年11月号(11月1日発売)の主な内容

  • ◇NEWS/房総のニホンザル危機 アカゲに加えカニクイとも交雑か(清水弟)
  • ◇十一月の絵暦/ミヤコドリ(村上康成)
  • ◇時評/T20とG20 アルゼンチンのT20サミットから(松下和夫)
  • ◇現代の「シシ垣」を築け!/島根県美郷町の事例に見る鳥獣害対策(安田亮)
  • ◇未来へ森を 福島報告/上手岡麓山神社の火祭りが再開(三瓶秀文)
  • ◇南三陸発 林業通信/保護価値の高い山林 荒島(佐藤太一)
  • ◇nature守り人/日本秘湯を守る会・中(星雅彦)
  • ◇人と地球の基礎知識/火山灰(佐々木英輔)
  • ◇カメムシだらけにしたろか~/『カメムシ博士入門』を楽しむ(長島聖大)
  • ◇地芝居の楽しみ/最盛期の地芝居を支えた三河地域の万人講(安田文吉・安田徳子)
  • ◇グラビア・美しき山をめぐる/開聞岳(西田省三)
  • ◇変貌する北方林/プトラナ紀行(大澤晃)
  • ◇木のおもちゃで地域をデザインする/「森がない町」での木育(馬場清)
  • ◇温暖化と日本の海/変わる「魚庭の海」(山本智之)
  • ◇環境ウォッチ/北海道の全域停電、集中依存の落とし穴(竹内敬二)
  • ◇森林環境多事争論/サステイナビリティは21世紀の文明たり得るか?(田中俊徳)
  • ◇BOOK/『もりいちばんのおともだち』『森づくりの原理・原則』
  • ◇亜熱帯やんばるの森/フルーツ好きの大型種(湊和雄)

発行物

「グリーン・パワー」
バックナンバー

  • ①2011年以降の『グリーン・パワー』各号で発行から3年を経過したものは、準備の整った時点で順次PDFを公開します。
  • ②バックナンバーの「〇月号」が青文字で書かれた号は、PDFをダウンロードできます。
  • ③著作権者から公開の了解が得られていない一部のコンテンツについては、緑色のマスクをかけてあります。
  • ④全面広告のページは掲載していません。

2018年

2017年

2016年

2015年

2012年

2011年

PAGE TOP