ニュースピックアップ
ニュースピックアップ

東北の平均気温、平年比0.8度高く 歴代1位に並ぶ見込み /秋田県

 東北地方の2021年の年平均気温は、平年(1991年から2020年の平均値)より0・8度高く、46年の統計開始以降、歴代1位の90年、2020年に並ぶ見込みとなった。仙台管区気象台が、速報を発表した。18年から4年連続で平年より気温が高く、地球温暖化の影響もあるとみられる。
 日本全体の年平均気温も平年より0・65度高く、20年と並び過去最高。地域別では東北南部がプラス0・7度、東北北部が同0・8度、北海道同0・9度と、北に行くほど暖かい年だった。
 平均気温は、東北6県にある気象台や観測所の観測値から算出する。秋田、岩手県大船渡、福島県小名浜で統計開始以降の1位の高さを記録し、青森県八戸、仙台、宮城県石巻、山形県酒田の4地点で1位タイとなる見通しだ。

森林文化協会からのお知らせ

東御苑だより

緑の情報アラカルト

ニュースピックアップ

PAGE TOP