ニュースピックアップ
ニュースピックアップ

球磨村役場、庁舎再開へ

 記録的な豪雨で役場庁舎の機能が失われ、災害対策本部を別の場所に移転していた熊本県球磨(くま)村は22日、本部をもとの庁舎に戻した。周辺道路や通信機能が復旧し、水道も使えるようになったためで、23日から本格的に業務を再開する。
 役場は球磨川沿いの国道219号の近くにある。4日の豪雨で川は氾濫(はんらん)し、道路は陥没。電気や水道が使えず、電話やインターネットもつながりにくくなった。そこで村は6日、災害対策本部を、役場から東に約5キロ離れた村総合運動公園内の「さくらドーム」に移転。壁も床もない施設に、長机やホワイトボードを並べて災害対応にあたった。
 引っ越し作業は22日昼から始まり、職員が事務用品やパソコンを段ボール箱に詰めて役場に搬入した。ドームには職員の一部を残し、支援物資の提供を続ける。ドームの近くに建てたプレハブの仮庁舎は罹災(りさい)証明書の受け付けに使う。

森林文化協会からのお知らせ

東御苑だより

緑の情報アラカルト

ニュースピックアップ

PAGE TOP