ニュースピックアップ
ニュースピックアップ

森林づくり語り合う

 樹木とのふれあいや学びなどを推進する「木育」をテーマにした「2019『国民参加の森林(もり)づくり』シンポジウム」(北海道、国土緑化推進機構、朝日新聞社、森林文化協会主催)が12日、札幌市北区の北海道大学で開かれた。来年秋に「第44回全国育樹祭」が道内で開かれるのに向けた催し。
 記念講演したタレント・構成作家の鈴井貴之さんは、生まれ故郷の北海道赤平市で、8年前に購入した原野を切り開いて住居にしてきた体験を披露した。「若いころはアウトドアが嫌いだと公言していた自分が、森には本当の癒やしがあることを知り、人や自然に対する考えが変わった」と話した。
 パネルディスカッションでは、林業や自然体験活動の専門家らが経験談などを語った。

森林文化協会からのお知らせ

東御苑だより

緑の情報アラカルト

ニュースピックアップ

PAGE TOP