ニュースピックアップ
ニュースピックアップ

樹齢900年、ミズナラの孫植樹 高山、40人参加 /岐阜県

 高山市荘川町六厩(むまや)で27日、樹齢約900年とされる地元のミズナラの孫にあたる苗木や、クロモジ、ニオイコブシの苗木を植える植樹祭が開かれ、東京、名古屋、香川県などから約40人が参加した。
 官民でつくる「森林資源活用フォーラム」が主催し、クロモジなどを原料とする精油メーカー「正プラス」(同市清見町)や木工職人を養成する「森林たくみ塾」(同)が協力した。
 巨木のミズナラのドングリを「正プラス」の稲本正代表が自宅庭に植え、成長したその木から落ちたドングリから芽生えた苗木を、参加者がこの日、日当たりのよい場所に植えた。大きく育てば近くの山に移植するという。
 森林資源の豊かな飛騨を舞台に、樹木への関心を主に都市部の人たちに高めてもらう催し。参加した有名シェフの成沢由浩さん(49)は東京・南青山にあるミシュラン二つ星を獲得したフレンチレストランで「里山料理」を提案する。「森の木々と人間とのかかわりが、植樹するとよく分かります」と、汗をぬぐいながら話していた。

森林文化協会からのお知らせ

東御苑だより

緑の情報アラカルト

ニュースピックアップ

PAGE TOP