緑の情報アラカルト
緑の情報アラカルト

蓄音機でラテンの名演奏を楽しむ

dsc02969 往年の名演奏をSP盤レコードで聴く「蓄音機の夕べ」が7月22日(日)、東京都新宿区箪笥町の「キイトス茶房」で開かれました。この日はラテン特集。「マンボの帝王!」ペルス・プラードやカルメン・ミランダ、トリオ・ロス・パンチョスらによる本場のラテン音楽や二村定一、江戸川蘭子、ディック・ミネらによる和製ラテンの歌声を楽しみました。
 主催は蓄音機の会(代表:蓄音機演奏家 佐藤隆俊さん)。電気を使わず、針の振動を音に変え、その音が木製のボデイに共鳴し、そこから生まれる蓄音機の自然な音色を楽しむ会です。次回は「名月」の9月に「月」に関わる音楽を特集する予定です。
 「蓄音機の夕べ」の問い合わせは、メールで世話人の渡邊一夫さんへ。
mailto:bookmania5419@gmail.com

PAGE TOP