森林文化協会からのお知らせ
国際森林デー

国際森林デー2017「みどりの地球を未来へ」 開催報告

森林や樹木に対する意識を高める記念日として国連が定めた国際森林デー(3月21日)にちなんで3月25日(土)、東dsc_1087京湾の埋め立て地に都が整備中の「海の森」と、江東区の木材会館で、「国際森林デー2017 みどりの地球を未来へ ~海の森と国際交流~」と題する森林整備(森の手入れ)と交流の集いを開きました。今回で4回目の開催です。

駐日大使2人を含む大使館員と家族、留学生、豊島岡女子学園中学高校コーラス部員、一般公募の親子連れら約350人が参加ました。「海の森」は2020年東京オリンピックで、馬術のクロスカントリーなどの競技会場として使用されます。建設工事のため前回までの植樹を森林整備に切り替え、セイタカアワダチソウ等の除草による手入れと見学を実施しました。

第2部会は木材会館へ移動。前半は豊島岡女子学園のコーラス部と留学生が合唱を披露し、ソプラノ歌手雨谷麻世さんも参加して彩りを添えました。後半は3つのグループに分かれての交流会を実施しました。

主催は、森林文化協会、国土緑化推進機構、オイスカ、樹木・環境ネットワーク協会、林野庁がつくる実行委dsc_1163員会。東京都港湾局が共催。協会は実行委員会事務局も務めました。

紙面PDF

PAGE TOP