ブックガイド

ブックガイド

●森林総合監理士(フォレスター)基本テキスト

全国林業改良普及協会 本体2300円+税

%e6%a3%ae%e6%9e%97%e7%b7%8f%e5%90%88%e7%9b%a3%e7%90%86%e5%a3%ab%e5%9f%ba%e6%9c%ac%e3%83%86%e3%82%ad%e3%82%b9%e3%83%88s森林総合監理士(フォレスター)とは、「森林・林業に関する専門的かつ高度な知識及び技術並びに現場経験を有し、長期的・広域的な視点に立って地域の森林づくりの全体像を示すとともに、市町村、地域の林業関係者等への技術的支援を的確に実施する者」(林野庁長官通知)です。2014年度から登録・公開が始まりました。森林総合監理士には森林づくりに関する科学的な知見、木材の生産から利用までの基本的な知識に加え、これらを地域の振興に結び付けていく構想力や、合意形成に必要なプレゼンテーション力が求められます。

 

この本は森林総合監理士を目指す方の基本テキストです。「森林総合監理士(フォレスター)」「森づくりの理念と森林施業」「森林・林業の構想と市町村森林整備計画」「森林経営計画」「路網と作業システム」「これからの提案型集約化施業の進め方」「木材流通・販売」「林業における労働安全とフォレスターの役割」「コミュニケーションとプレゼンテーション能力」の9部で構成されており、資格試験の受験対策として活用できます。

PAGE TOP