発行物

年報「森林環境」

「森林環境2004」 創刊号

2004年報『森林環境』は、これまでの研究誌『森林文化研究』を引き継ぎ、森林文化協会の「森林環境研究会」が監修する森林と環境の総合年鑑です。3部構成で、研究成果の特集や1年間の森林環境関連の動きやデータなどを掲載し、毎年春に発刊します。

  • 編集=森林文化協会
  • 責任編集者=竹内敬二/松下和夫
  • 発行=築地書館
  • 定価=本体2,000円(税別)、協会会員は1,800円(税別)

目次

巻頭言
森の思想に戻ろう(梅原猛)
まえがき
「森林を再評価する時代」の期待と気がかり(竹内敬二)
第1部/特集 日本の森林と温暖化防止
京都会議以降の地球温暖化交渉(髙村ゆかり)
森林吸収源ルールはどのように決まったか(原田隆行)
米国、英国、ドイツ、日本の温暖化対策(松下和夫)
日本の森林のCO2吸収量(天野正博)
日本企業による海外造林と京都メカニズム(小林紀之)
日本企業による海外産業植林の現状と課題(田野岡章)
機能間の矛盾と共生の森の再生(鷲谷いづみ)
環境税の導入と日本の森林整備(村田泰夫)
第2部/トレンド・レビュー
鎮守の森の再発見――カミとヒト、自然と人間の接点(上田正昭)
日本の森林認証制度――新制度と森林管理の課題(根本昌彦)
「自然再生」事業と再生の生態学(森本幸裕)
林業を「対馬」の現場から考える(松尾俊彦)
「力と闘争の文明」から「美と慈悲の文明」へ(安田喜憲)
森林・木材利用と循環型社会――地域資源の活用(有馬孝禮)
第3部/緑のデータ・テーブル
2003年森林環境年表
森林環境キーワード集
森林環境関連英文略語集
<コラム>脱皮を余儀なくされている熱帯の森林企業(井上真)
<コラム>生態系の異変(桜井尚武)

PAGE TOP