絵暦

11月の絵暦

11%e6%9c%88%e7%b5%b5%e6%9a%a6-%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc

 

 

 日本列島から、台湾や南西諸島の越冬地へと向かい、洋上を渡るアサギマダラ。

 2500キロを旅するといわれるチョウ。

 ほんのりと透けた浅葱(あさぎ)色の翅(はね)で、風をつかまえる。

 さながら、烈風を裂くウィンドサーフィンのように。

 オオミズナギドリが二度見する。

 (村上康成)

 ※カレンダー『森へようこそ2022』(ユニオンサービス)より。新年用『森へようこそカレンダー2023』はオフィシャルサイトで販売中。

 

■お知らせ

 ◇児童文学『黄色い竜』(徳間書店)を販売中。田んぼ、小川、湖など、身近な自然の風景のなかで生きる。少年のひと夏の清新な物語。文字で描くことに専心した、村上康成“初”の児童文学。

%e6%9d%91%e4%b8%8a%e3%80%8c%e9%bb%84%e8%89%b2%e3%81%84%e7%ab%9c%e3%80%8d

 ◇「移ろう季節と、ワクワク」展は2023年2月26日まで、村上康成美術館(静岡県伊東市)で開催中。『ふゆのあさ』(ひかりのくに)と『森へようこそカレンダー2023』の原画も展示。

 ◇『MOiKU』は小学校低学年までの子どもとその親を対象に、木育を目的とした季刊誌。ショートストーリーや詩など、親子で楽しく学べる内容に加え、親子で楽しめる木育スポットも紹介。詳しくは「一般社団法人 日本の森林のみらい」(https://japan-forest.com/contact)へ。moiku-jpg-%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

■プロフィール
 むらかみ・やすなり/1955年岐阜県生まれ。創作絵本、ワイルドライフアートなどで、独自の世界を展開する自然派アーティスト。ボローニャ国際児童図書展グラフィック賞、ブラチスラバ世界絵本原画ビエンナーレ金牌、日本絵本賞大賞などを受賞。代表作に『石のきもち』(ひさかたチャイルド)、『ピンクがとんだ日』(徳間書店)、『まっている。』(講談社)、新刊『はやくしなさい!』(文・中川ひろたか/金の星社)など多数。森林文化協会の「森の親善大使」でもある。

 村上康成美術館  http://www.murakami-museum.co.jp/
 村上康成BREEZINGオフィシャルストア  https://www.y-murakami.com/
 ミントミント 村上康成グッズ  http://ymshopmint.cart.fc2.com/userpage?id=92594

PAGE TOP