森林文化協会からのお知らせ
つくば万博の森

つくば万博の森 記念広場にベンチ、広場入口に案内看板を設置しました

記念広場にベンチ3脚、テーブル1基を設置しました。記念広場は山口コースから登り、つづら折りを経た380m地点にあります。登山道からの入口2カ所に看板も設置しました。昔の看板が朽ちて久しく、通過される方がほとんどだったようです。ぜひお立ち寄りください。

テーブルはNPO小田地域振興協議会からの寄贈で、協会がお願いしたベンチと看板も同協議会の事務局長さん製作です。12月12日、NPOのメンバーの方々10名が小田休憩所に集合。万博の森記念広場のベンチ、テーブル、看板の設置を皆で一気に進めました。

NPOの皆さんは、その足で宝篋山山頂に向かいました。山頂、登山道各所に設置しているベンチ、テーブルは日頃からこの方々が設置し、メンテしています。当日は山頂にベンチ・テーブル12基を持ち込み、古くなった物を下に降ろしました。山頂では、NPOの方が登山者に呼びかけ、多くの登山者が運び上げるのを協力してくださいました。また、設置した直後からベンチは次々と登ってくる登山者で、すぐに埋まりました。NPOメンバーの長浜登さん(84歳)は「環境を整えれば人が来る」と、経験を語ってくださいました。「山桜の森」「順平歩道」もやぶだらけの状態だったものを年月掛けて整えてきたご自身の体験談でした。NPO活動の一端に触れ、人が手を入れること、入れ続けることが大事なのだな、と改めて思いを新たにしました。

記念広場の設置作業   山口コースから記念広場 看板   宝篋山山頂テーブル更新

森林文化協会からのお知らせ

東御苑だより

緑の情報アラカルト

ニュースピックアップ

PAGE TOP