ニュースピックアップ
ニュースピックアップ

幻のマミズクラゲ出現 神出鬼没、謎だらけ 鳥取砂丘南側、多鯰ケ池 /鳥取県

 鳥取砂丘の南側にある多鯰ケ池(たねがいけ)(鳥取市)で、淡水に生息する珍しいマミズクラゲが多数見つかっている。夏の終わりに湖や池などで突然確認されることがあるが、いつどこで発生するかわからず「謎のクラゲ」「幻のクラゲ」と呼ばれる。数日で存在が確認できなくなることが多いという。
 15日、多鯰ケ池にカヌーで乗り出し、岸から20メートルほど離れてみると、マミズクラゲが多数沸き上がるように漂っていた。半透明で体長2センチほど。防水カメラを池の中に入れて撮影した。
 水中の生物に詳しい「県立山陰海岸ジオパーク海と大地の自然館」(岩美町)の学芸員太田悠造さん(33)によると、国内で確認されている淡水のクラゲはマミズクラゲの1種のみ。一つの池でメスかオスのどちらか一方の性別しか確認されず、どうやって受精しているのかも分かっていないという。「今回はすべてメスだろう。神出鬼没の謎のクラゲ」
 この日、多鯰ケ池でカヌーガイドをしていた橋本悦さん(42)は「マミズクラゲが密集しているところは雪が降っているようで幻想的。(今日ガイドした)香港からの観光客も喜んでいた」と話した。多鯰ケ池では8年ほど前にもマミズクラゲが多数確認されたという。

森林文化協会からのお知らせ

東御苑だより

緑の情報アラカルト

ニュースピックアップ

PAGE TOP