ニュースピックアップ
ニュースピックアップ

地球の気温上昇、1.5度未満に抑えるには…CO2排出、1.4兆トンに 欧州などのチーム計算

 太平洋の島国などが求めている、地球の気温上昇を今世紀末までに1・5度未満にする目標の達成には、2015年以降に出す二酸化炭素(CO2)を1兆4千億トン程度にする必要があると、欧州やカナダなどのチームが18日付英科学誌ネイチャー・ジオサイエンスに発表する。今の排出量だと、30~40年後にはCO2は出せない計算になる。
 昨年発効した地球温暖化対策の「パリ協定」では、気温上昇を産業革命以前と比べて2度より十分低く、できれば1・5度までに抑えることを目指している。チームは15年までに気温は約0・9度上がったため、今後の上昇を0・6度に抑えるシナリオを分析した。
 その結果、15年以降の総排出量が約9200億~1兆9800億トンでないと達成困難と判明。半分程度の確率で達成するには、約1兆4千億トン以下になるという。チームは「1・5度目標はまだ達成可能だが、各国の削減目標の大胆な深掘りと加速が求められる」と指摘している。

森林文化協会からのお知らせ

東御苑だより

緑の情報アラカルト

ニュースピックアップ

PAGE TOP