ニュースピックアップ
ニュースピックアップ

特用林産物の生産動向について

2016年の特用林産物の生産動向を取りまとめた。それによると、きのこ類の生産量は、1.0%増加し、特に乾しいたけは3.9%、生しいたけは2.1%、それぞれ増加した。その他の食用特用林産物では、たけのこが22.8%と大きく増加した。非食用特用林産物の生産量では、木炭が5.4%減少し、うるしが5.8%増加した。

 

特用林産物とは、森林や原野から得られる産物のうち一般木材を除いたものの総称で、きのこ類、樹実類、山菜類といった食用になるものと、うるしや木ろう等の伝統的工芸品の原材料、木炭、竹材、桐材といった非食用のものがある。

森林文化協会からのお知らせ

東御苑だより

緑の情報アラカルト

ニュースピックアップ

PAGE TOP