ニュースピックアップ
ニュースピックアップ

阿寒摩周国立公園に改称へ /北海道

 環境省の中央環境審議会は13日、阿寒国立公園の名称を「阿寒摩周国立公園」に変更することを了承し、山本公一環境相に答申した。摩周湖(弟子屈町)の知名度も生かした新たな観光圏づくりを目指し、地元が変更を求めていた。8月にも官報で告示し、正式に変更される。
 阿寒国立公園は1934(昭和9)年に指定された。釧路市や弟子屈町など1市10町にまたがる。答申では名称変更のほか「神の子池」(清里町)周辺まで広げることも含まれ、これにより、面積は9万1413ヘクタールになる。
 名称変更を求めてきた弟子屈町の徳永哲雄町長は「80年来の弟子屈町の夢がかなうことになり大変うれしい。地域の自然を守りながらエコツーリズムを作り上げ、観光の底上げを図っていきたい」と話した。

森林文化協会からのお知らせ

東御苑だより

緑の情報アラカルト

ニュースピックアップ

PAGE TOP