ニュースピックアップ
ニュースピックアップ

ユネスコのエコパーク、「みなかみ」など登録

 生態系の保全などを目的としたユネスコ(国連教育科学文化機関)の「エコパーク」(生物圏保存地域)について、文部科学省は14日、「祖母(そぼ)・傾(かたむき)・大崩(おおくえ)」(大分・宮崎両県)と「みなかみ」(群馬・新潟両県)が新規登録されたと発表した。パリで開催中のユネスコの国際会議で決まった。これで国内のエコパークは計9地域となった。
 「祖母・傾・大崩」は大分・宮崎両県の6市町にまたがる。照葉樹林や夏緑樹林が広がり、貴重な動植物がみられる。「みなかみ」は群馬県みなかみ町と、隣接する新潟県の2市1町で構成され、利根川の最上流域にあたる。世界有数の豪雪地帯で特徴的な地形や独特な生態系があるという。

森林文化協会からのお知らせ

東御苑だより

緑の情報アラカルト

ニュースピックアップ

PAGE TOP