ニュースピックアップ
ニュースピックアップ

苫小牧バイオマス発電所 営業開始

住友林業が三井物産等と共同で北海道苫小牧市に建設した苫小牧バイオマス発電所が営業運転を開始した。発電規模は約5.9MWで、燃料の木質チップは北海道の林地未利用木材で全量を賄い、再生可能エネルギー固定価格買取制度を利用した事業を展開する。約1万世帯分の電力を供給する予定だ。

 

住友林業グループは2011年2月に神奈川県川崎市で建築廃材等を主燃料とした川崎バイオマス発電所を稼働させた。その後、2016年12月には北海道紋別市で発電規模50MW、主燃料を林地未利用木材とした紋別バイオマス発電所の運転を始めており、苫小牧バイオマス発電所はグループで国内3番目の発電事業となる。

 

森林文化協会からのお知らせ

東御苑だより

緑の情報アラカルト

ニュースピックアップ

PAGE TOP