ニュースピックアップ
ニュースピックアップ

スギ花粉症に対する新しい免疫療法を開発

日本人の30%以上が罹患しているといわれるスギ花粉症。いまや国民病とも一部で呼ばれているが、これまで、短期間で治す体質改善治療(免疫療法)はなかった。九州大学耳鼻咽喉科のグループは、腸管免疫を利用した新しい免疫療法として、カプセルを飲む治療法を開発した。カプセルの中には、スギ抗原と多糖体の一種であるガラクトマンナンとの複合体が含まれ、これを花粉飛散前と飛散中の約2ヵ月間、毎日服用する。

 

グループは、2010 年からこの新しい免疫療法の研究及び治験を行ってきた。その結果、鼻症状、目の症状を軽減するだけでなく、標準的治療に比べ、約6割、抗アレルギー薬を減らす効果が認められた。内服量、投与期間など、まだ改善すべき点はあるが、他のアレルギー疾患の治療にも応用できる可能性がある。

森林文化協会からのお知らせ

東御苑だより

緑の情報アラカルト

ニュースピックアップ

PAGE TOP