ニュースピックアップ
ニュースピックアップ

温室ガス排出2.9%減 15年度、暖冬・原発稼働も一因

 環境省は13日、2015年度の温室効果ガスの排出量が前年度比2・9%減の13億2500万トン(二酸化炭素〈CO2〉換算)だったと発表した。冷夏や暖冬、再生可能エネルギーの導入拡大に加え、原発の再稼働も一因という。
 環境省によると、15年度は西日本で冷夏、全国的に暖冬だったため、冷暖房のエネルギー消費量が抑えられた一方、太陽光などの再生エネが伸びた。また、九州電力川内原発が再稼働し、約410万トンのCO2削減になったと試算した。
 排出量の減少は2年連続で、05年度比では5・3%減。政府が掲げる20年度に05年度比3・8%減とする目標を、森林吸収分なしで達成した。

森林文化協会からのお知らせ

東御苑だより

緑の情報アラカルト

ニュースピックアップ

PAGE TOP