ニュースピックアップ
ニュースピックアップ

親子で全力、遊びの「大学」 0~4歳児対象、柏で来月開校

 柏市の手賀沼湖畔に5月、「原っぱ大学 柏かわせみキャンパス」が開校する。「大学」といっても堅苦しい授業があるわけではなく、都会暮らしの親子や家族連れに普段できないような遊びを自然の中で楽しんでもらう。運営会社は「遊びまくる活動です」と参加者を募っている。
 原っぱ大学は、HARAPPA株式会社が2015年から神奈川県逗子市で運営。首都圏の家族をターゲットに、遊びの機会を提供している。地主から借りた里山や近くの海で、探検をしたり、どろんこ遊びをしたり。杉林の中に置いてあるトンカチやクギ、ノコギリ、木材を使い、秘密基地のような小屋を建てる親子もいる。スタッフはクギの打ち方を実践するなどして遊びのとっかかりを示し、一緒に遊ぶのが役割という。
 子どもの年齢などに応じてコースが分かれ、月に1、2回活動。1家族の参加費は年間約10万円。開校以来、東京都内を中心に首都圏から延べ約700人(約220家族)が参加しているという。
 新たに今回、柏市の手賀沼フィッシングセンター内のバーベキュー広場「キングフィーシャーガーデン」を拠点に活動する。同社社長で原っぱ大学「ガクチョー」の塚越暁(あきら)さん(38)は「全力で遊べるように我々がサービスする」と話す。
 柏市では0~4歳児がいる親子が対象の「リトルコース」を開く。年間21回のプログラムで、毎月第2、第4水曜日に活動。どろんこ遊びや小屋作り、ペンキ塗りなどを予定している。参加費は一括払いで計10万円(税別)、分割払いは計10万9500円(同)。
 体験会が今月12、19日にある。参加費1千円。問い合わせはキャンパス代表の乾善彦さん(090・2819・9741)。

森林文化協会からのお知らせ

東御苑だより

緑の情報アラカルト

ニュースピックアップ

PAGE TOP