ニュースピックアップ
ニュースピックアップ

「栽培柿」の性の仕組みを解明

日本人には馴染みの深い「柿」は、京都大学などの研究により、植物では初めて性別決定遺伝子が発見された植物だ。この時に見つけた遺伝子OGIはY染色体上に存在し、small-RNAをコードする非翻訳遺伝子で、常染色体に存在して雌化の報告を決めるMeGIの働きを抑えることで雄化を導いていた。今回、同じグループがその研究を発展させ、食用となっている6倍体の「栽培柿」においては、なぜ2倍体の「柿」のように個体ごとに雄と雌が分かれるのではなく、同一個体内に雄花と雌花が咲くのかを明らかにした。それによると、栽培柿ではOGIの不安定化と、その制御を受けるMeGIと呼ばれる雌化遺伝子の可塑的な変化が生じ、個体の中での花単位の性決定の揺らぎを統制していた。

 

森林文化協会からのお知らせ

東御苑だより

緑の情報アラカルト

ニュースピックアップ

PAGE TOP