ニュースピックアップ
ニュースピックアップ

造林発祥の地、世界へ発信を 吉野・日本遺産シンポ

 文化庁の日本遺産に「森に育まれ、森を育んだ人々の暮らしとこころ~美林連なる造林発祥の地“吉野”~」が認定されたのを記念するシンポジウムが22日、下市町であった。認定されたのは吉野町や川上村など吉野郡の8町村。
 まず漫画家で日本遺産審査委員の里中満智子さんが講演。「吉野の美林を守り伝えるため、人々が心を一つにしてきた。日本林業のルネサンスの地に出来ないか」と語りかけた。
 続いて「森とともに生きてきた吉野」をテーマに、パネリストを加えて議論した。菅谷文則・県立橿原考古学研究所長は「外食チェーン店で丼を注文するとスプーンが出てくる。吉野では箸を使いましょう」と提言。吉野林業家の岡橋清元(きよちか)・清光林業名誉会長は「素晴らしい木材があるのだから世界にアピールしたい」と述べた。司会の上野誠・奈良大教授が「吉野の自治体はたる酒乾杯条例をつくっては」と締めくくった。

森林文化協会からのお知らせ

東御苑だより

緑の情報アラカルト

ニュースピックアップ

PAGE TOP