ニュースピックアップ
ニュースピックアップ

サンゴ死滅7割 沖縄・石西礁湖

 環境省は10日、日本最大のサンゴ礁域として知られる沖縄県の石西礁湖(せきせいしょうこ)を調べたところ、サンゴの9割に「白化現象」が広がり、死んだサンゴの割合は70%にのぼったと発表した。昨夏の高水温などが原因とみられている。
 白化現象は、サンゴに共生する藻類が体内から抜け出してしまい、色が白っぽくなって衰弱すること。サンゴが死ぬこともある。
 環境省は昨年11月から12月にかけて石垣島と西表島の間の海域の35地点を調べた。同9月から10月にも調査しており、比べると死んだサンゴの割合が56.7%から70.1%に増えた。地球温暖化が進むにつれて多発する恐れがあるという。

森林文化協会からのお知らせ

東御苑だより

緑の情報アラカルト

ニュースピックアップ

PAGE TOP