ニュースピックアップ
ニュースピックアップ

メコン流域、新種163種 環境破壊…すでに絶滅恐れも WWF調査

 世界自然保護基金(WWF)が東南アジアのメコン川流域で行った調査で、竜のような角を持つトカゲや虹色に光って見える頭を持つヘビ、独特の模様のイモリなど163種の新種が見つかった。多くはすでに絶滅の恐れがあるという。
 中国とタイ、ベトナム、カンボジア、ミャンマー、ラオスにまたがるメコン川流域には熱帯雨林や湿地などが広がり、豊かな生物多様性で知られる。WWFが昨年末にまとめた報告書によると、2015年の1年間に哺乳類3種、爬虫類(はちゅうるい)14種、両生類9種、魚類11種、植物126種の計163種の新種が確認された。調査は1997年から継続的に行われており、見つかった新種は計2409種に上る。さらに未発見の生物が多数存在すると予想されている。
 メコン川流域は経済成長に伴う道路やダムの開発など環境破壊が深刻で、生態系が脅かされている。希少な生物をペットとして売買する目的で密猟や違法取引も横行しているという。
 WWFはこうした現状が続くと発見前に絶滅する野生生物が多数出てくる可能性があると指摘。早急に対策に取り組む必要性を訴えている。

森林文化協会からのお知らせ

東御苑だより

緑の情報アラカルト

ニュースピックアップ

PAGE TOP