ニュースピックアップ
ニュースピックアップ

太陽光発電めぐり、罰則つきの条例案 兵庫

 兵庫県は27日、太陽光発電施設の設置計画を事前に知事に届け出ることを義務づける条例案を来年2月県議会に提案することを明らかにした。届け出を怠るなどの違反をすると罰則もある。環境省によると、太陽光発電施設に絞った罰則つきの条例は異例という。県は4月の施行をめざす。
 全国で急増する太陽光発電施設は、景観の悪化などで事業者と地元住民がトラブルになるケースが相次いでおり、これを防ぐねらいがある。条例の骨子案によると、事業区域が原則5千平方メートル以上の施設が対象で、緑地の保全▽防災上の措置▽安全の確保▽廃止後の措置――などの基準を設ける。

森林文化協会からのお知らせ

東御苑だより

緑の情報アラカルト

ニュースピックアップ

PAGE TOP