ニュースピックアップ
ニュースピックアップ

福島大学が農学部を開設へ

福島大学は農学部に相当する「食農学類(仮称)」を金谷川キャンパス内に、2019年4月に開設する準備を進めることにした。1学年の入学定員は100人程度と想定されている。

原子力災害被災地域での新たな営農システムや食産業クラスターの確立、新エネルギーの創造、食の安全性確保、そして担い手育成が、福島県の復旧・復興にとって必要不可欠となっている。放射能汚染という課題に直面する中で、農学の基礎分野である作物栽培学や土壌学、農業経営学等のフィールドを中心とした実学的な研究と、課題解決型の実践教育を学際的に推進する必要性が生じている。そこで、「川上」の農業・農家・農村による生産を対象とした農学から、加工・流通を含む「川中」、小売・消費の「川下」や食農教育をも視野に入れた全体を農学の対象として捉え直し、その上で、応用科学の思想を取り入れ、新しいフードシステムのあり方を提案する。専門教育は、以下の四つの専門領域で編成される予定。

「食品科学領域」農産加工学分野を中心として醸造・発酵製品や医農連携製品などの開発手法を学ぶ。

「作物・栽培学領域」自然に働きかけて、いかに安全・良質な作物を生産するかという基礎と栽培技術を学ぶ。

「生産環境学領域」農業は山林・河川・農地等の地域資源や自然循環を基盤としており、持続可能な農業農村づくりや資源環境の生態、その保全技法などを学ぶ。

「農業経営学領域」農業の経営方式や費用対効果を考慮した新しい栽培方式、付加価値型農業と食品産業との連携などについて学ぶ。

森林文化協会からのお知らせ

東御苑だより

緑の情報アラカルト

ニュースピックアップ

PAGE TOP