ニュースピックアップ
ニュースピックアップ

代替フロン回収、22%止まり 昨年度推計

 環境省は9日、エアコンや冷蔵庫の冷媒に使われ、地球温暖化に悪影響を及ぼす代替フロン、ハイドロフルオロカーボン(HFC)の回収率を初めて発表した。業務用の冷凍空調機器で、2015年度の推計回収率は22%だった。国の地球温暖化対策計画では20年度に50%、30年度に70%を目指しており、このままでは達成が難しい。
 HFCは二酸化炭素(CO2)の数百~数千倍の温室効果がある。オゾン層を壊す特定フロンが規制されたことで、使用量が増えている。15年度に機器廃棄時に回収された量は約735トン。これに、スーパーや倉庫などに出回っているHFC使用機器の台数などから、回収されるべきHFCの回収率を推計した。
 回収されなかったHFCは使用中に漏れたり、廃棄時に放出されたりして排出された可能性がある。HFCの機器廃棄時の回収は法律で義務化されており、経済産業省と協力して回収率を上げ、HFCを使わない自然冷媒の導入を促す。

森林文化協会からのお知らせ

東御苑だより

緑の情報アラカルト

ニュースピックアップ

PAGE TOP