ニュースピックアップ
ニュースピックアップ

土着の根粒菌でダイズ畑のN2O発生を削減

農研機構は東北大学との共同研究で、温暖化とオゾン層破壊の原因物質である一酸化二窒素(N2O)を窒素ガス(N2)に還元する能力を持った土着ダイズ根粒菌の利用により、収穫期のダイズ畑からのN2O発生を30%削減できることを野外実験で証明した。N2Oは、二酸化炭素の約300倍の温室効果を持ち、オゾン層破壊の原因物質でもある。世界のN2Oの最大の人為的発生源は農業で約60%を占めていることから、農耕地から発生するN2Oを削減するための様々な技術開発が進められてきた。今回、国内の農耕地土壌に生息する土着ダイズ根粒菌からN2Oを還元する酵素を持つ株を全国から採集し、これらの混合株をダイズに接種して、N2O 発生量を削減する技術を開発した。

森林文化協会からのお知らせ

東御苑だより

緑の情報アラカルト

ニュースピックアップ

PAGE TOP