ニュースピックアップ
ニュースピックアップ

ホンマスの稚魚、中禅寺湖に放流 原発事故5年、汚染度調査へ

 国立研究開発法人「水産研究・教育機構」の中央水産研究所と県水産試験場、中禅寺湖漁協は25日、日光市の中禅寺湖でホンマスの稚魚の放流を始めた。原発事故の影響で、中禅寺湖では今年もワカサギを除き持ち出しが禁じられている。他の魚類を捕食するホンマスを追跡調査することで、事故から5年後以降の放射性物質による湖の汚染度を測るという。
 今回の調査は中央水産研究所が主導。今年産の体長4、5センチの稚魚約13万匹を6月7日までの期間中に放流する。

森林文化協会からのお知らせ

東御苑だより

緑の情報アラカルト

ニュースピックアップ

PAGE TOP