ニュースピックアップ
ニュースピックアップ

植樹祭プレ大会、市民ら3000人参加 無花粉スギ植樹

 緑化活動の普及啓発をめざした「第17回とやま森の祭典」が22日、魚津市出の魚津桃山運動公園で開かれた。来春に催される第68回全国植樹祭のプレ大会の位置づけで、森林関係者や市町村職員、市民ら約3千人が参加した。
 会場では、林業や環境保全活動に貢献した個人、団体が表彰されたほか、全国植樹祭のお手植え樹種に予定されている無花粉スギ「立山 森の輝き」などが植樹された。
 式典で石井隆一知事は「祭典の成果を来年の準備にいかしていきたい」とあいさつ。全国植樹祭に向けたメッセージとして、魚津市立村木小の5年生12人が、学校の近くを流れる鴨川とサケの保全活動について発表し、森づくりと海づくりの連携の重要性を訴えた。 

森林文化協会からのお知らせ

東御苑だより

緑の情報アラカルト

ニュースピックアップ

PAGE TOP