ニュースピックアップ
ニュースピックアップ

ペア数・ひな数、放鳥以来最多に 佐渡・自然界のトキ

 佐渡市の自然の中で確認されたトキのペアや、誕生したひなの数などが、2008年の放鳥開始以来、過去最高になっていることが、環境省の調べで分かった。同省は「トキの再生で、個体数の増加は歓迎すべき条件の一つだ」と評価している。
 同省佐渡自然保護官事務所によると、18日現在、ペア53組が確認され、うち20組がひなを孵化(ふか)させた。ペアの数は昨年の38組から15組増。孵化させたペア数も昨年の12組から倍近くになった。
 ひなの数は14年は36羽、昨年は21羽だった。今年は既に43羽が誕生し、うち37羽が生存している。
 同事務所は、互いに自然界で生まれ育った雄と雌のペアから生まれた「自然界2世」のひなが誕生するなど、定期的な放鳥の繰り返しで自然界での生息数が安定し始めたことの表れだとしている。

森林文化協会からのお知らせ

東御苑だより

緑の情報アラカルト

ニュースピックアップ

PAGE TOP