ニュースピックアップ
ニュースピックアップ

石炭火力、新設備を容認 環境相、CO2対策は注文 松島火力

 山口壮環境相は16日、電源開発・松島火力発電所2号機(長崎県西海市、出力50万キロワット)で、石炭をガス化して発電する設備を新設する計画の環境影響評価(環境アセスメント)について、二酸化炭素(CO2)対策を前提に容認する意見を示した。世界で「脱石炭」の流れが強まる中、石炭火力の「延命」計画には批判も出ている。

森林文化協会からのお知らせ

東御苑だより

緑の情報アラカルト

ニュースピックアップ

PAGE TOP