ニュースピックアップ
ニュースピックアップ

メガソーラーから土砂流出 南関の建設現場、水田が被害 大雨 /熊本県

 民間事業者が南関町小原の山林で計画した大規模太陽光発電所(メガソーラー)の建設現場から、8月の大雨などで多量の土砂が河川や水田に流出する被害が起きた。
 事業者は南関ソーラーファーム(福岡県飯塚市)。敷地42ヘクタールの山林の一部を伐採して太陽光パネルを設置し、出力34メガワットの発電所を設置する計画。県によると、8月11日以降の記録的な大雨で土砂が流出し、南関町や和水町の水田60カ所で被害が確認された。
 県には2019年7月に林地開発の申請があった。同年9月に林地開発を許可。造成工事着手前に調整池を設置する防災工事を完了させることが許可の条件だったが、4月に事業者が防災工事完了前に造成工事に着手していたことが県の現地調査で判明し、文書で指導。5月と7月にも造成工事が中止されていなかったため、行政指導したという。南関ソーラーファームは「被害にあった住民には協定書に基づいて補償していく」とコメントした。

森林文化協会からのお知らせ

東御苑だより

緑の情報アラカルト

ニュースピックアップ

PAGE TOP