ニュースピックアップ
ニュースピックアップ

気候変動、中ロ交え議論 米削減目標「50~52%」 サミット開幕

 米国が40の国・地域の首脳らを招待した気候変動サミットが22日、オンラインで始まった。人権や安全保障などの問題で対立する中国とロシアの首脳も参加した。米国はサミットに先立ち、2030年までに05年比で温室効果ガスを50~52%削減する目標を設定した。
 バイデン米大統領は冒頭、「30年までに半減させる」と米国の新たな削減目標について説明。オバマ政権時の目標値「25年に05年比で26~28%削減」からほぼ倍増させた。意欲的な目標を各国首脳を前に公表することで、指導力を印象付けたい考えだ。また、「各国がより高い目標をどう設定できるか議論する」と述べた。
 バイデン政権は、対立が深まる中国やロシアも招待。利害が重なる分野では協調する姿勢を鮮明にした。中ロは直前に参加を表明。協力姿勢を示し、緊張緩和の糸口を見いだしたい思惑も透ける。習近平(シーチンピン)国家主席は「互いに非難するのではなく協力すべきだ。中国は米国を含む国際社会とともに環境対策を進めるため、共に努力することを期待している」とした。
 米政権当局者は「サミットが閉幕する時、間違いなく、『米国は戻ってきた』とはっきり示せるだろう」と述べた。

森林文化協会からのお知らせ

東御苑だより

緑の情報アラカルト

ニュースピックアップ

PAGE TOP