ニュースピックアップ
ニュースピックアップ

水素エンジン、レース参戦 トヨタ、既存技術生かし「CO2ゼロ」

 トヨタ自動車は22日、水素が燃料で二酸化炭素(CO2)が出ない「水素エンジン車」で自動車レースに参戦すると発表した。水素エンジンは、既存技術が活用でき、低コストでの「CO2ゼロ」が期待される技術。レースを通じて長期的な開発に取り組むという。
 水素エンジンは、ガソリンの代わりに水素を燃やしてエンジンを動かす。仕組みはガソリンエンジンと同じで、部品の大半が流用できる。トヨタは、5月21日から富士スピードウェイ(静岡県小山町)で開かれる24時間耐久レースに、「カローラスポーツ」がベースの水素エンジン搭載車で参戦する予定。それ以降も耐久レースに参加して、技術開発に活用する。
 水素を燃料とする車には、すでに市販化されている燃料電池車(FCV)「ミライ」もあるが、FCVは電気自動車(EV)の一種で、水素と空気を化学反応させてつくった電気でモーターを回して走行する。水素エンジン車もFCVも、走行時にCO2が出ないのは同じだが、水素エンジン車は窒素酸化物を含む排ガスを出す。

森林文化協会からのお知らせ

東御苑だより

緑の情報アラカルト

ニュースピックアップ

PAGE TOP