ニュースピックアップ
ニュースピックアップ

クマに襲われ重傷 人身被害は今年初 大館の山林 /秋田県

 20日正午すぎ、大館市比内町独鈷(とっこ)の山林で、山菜採りをしていた市内の男性(75)がクマに襲われてケガをしたと、同行していた男性(70)から119番通報があった。男性は顔面骨折などの重傷を負ったが、意識はあり歩けるという。県警によると、クマによる人身被害は今年初めて。
 大館署によると、負傷した男性は同市比内町扇田の無職川口良雄さん(75)。現場の山中は民家から300メートルほど離れていた。
 通報した男性によると、山菜採りから下山しようと声を掛け合っていたところ、20メートルほど離れた所で川口さんの悲鳴が聞こえた。駆け寄るとクマが覆いかぶさり、顔面をひっかいていた。川口さんは持参していた鎌で応戦していたという。逃げたクマは太っていたという。
 2人は毎年、この現場を山菜採りに訪れていた。通報した男性はクマよけ鈴を持参していた。男性は「うなり声はしなかったが、クマはずっとヤブに潜んでいたようだ。クマのいる場所に踏み込んでしまった。しばらくは山菜採りはできない」と話した。男性らが持っていた山菜を入れるかごには血の痕があった。
 現場は大館市の中心部から南東に約14キロで、ふもとから徒歩で約20分の山中。近くに住む男性は、6年ほど前に自宅近くの水田から山に入り込むクマを目撃したことがあるという。市や大館署は人身事故の発生を広報し、付近を警戒するとともに、住民に注意を呼びかけた。

森林文化協会からのお知らせ

東御苑だより

緑の情報アラカルト

ニュースピックアップ

PAGE TOP