ニュースピックアップ
ニュースピックアップ

気候変動対策の増額求める バイデン政権、予算要望を提出

 バイデン米大統領は9日、2022会計年度(21年10月~22年9月)の予算のうち「裁量的経費」に関する予算要望を米議会に提出した。政権の優先順位を反映して毎年度決める経費で、前政権が消極的だった気候変動対策や、半導体など先端技術の研究支援に手厚い予算配分を求めた。
 裁量的経費約1・5兆ドル(160兆円)のうち、非国防分野は前年度比16%増の7690億ドルと大幅増額を求めた。一方、トランプ前政権下で増えていた国防分野は同1・7%増の7530億ドルにとどめた。
 国内政策では教育を重視し、貧困地域の児童への支援に前年度比200億ドルの大幅増額を要請。気候変動対策でも同140億ドルの増額を求めた。中国との経済・軍事競争のカギを握る半導体分野でも、政府主導で、米国内での製造や供給網強化を目指す。所管する商務省の予算は前年度比28%の拡大を求めた。
 米国では行政府に予算案の提出権がなく、大統領は毎年の「予算教書」などで立法を促すしかない。今回の要望は、作成が遅れている教書の骨子という位置づけで、今後は、政権と対決姿勢を強める野党共和党との調整が焦点となる。

森林文化協会からのお知らせ

東御苑だより

緑の情報アラカルト

ニュースピックアップ

PAGE TOP