ニュースピックアップ
ニュースピックアップ

コロナ禍、今夏の富士登山模索 感染防止策の徹底 富士吉田で山小屋営業など協議/山梨県

 この夏の富士登山と山小屋営業を模索する会議が30日、富士吉田市の県富士山科学研究所であった。吉田口登山道にある16の山小屋を束ねる富士山吉田口旅館組合や富士山五合目観光協会、環境省、地元自治体の担当者ら約40人が参加。新型コロナウイルスの感染防止対策の徹底などを確認した。
 会議では、登山マナー以外の改善策も示された。主な対策としては、5合目売店や救護所、公衆トイレなどの換気や消毒など感染予防策▽登山バスの車内換気▽24時間営業だった富士スバルラインの営業時間短縮などが挙げられた。
 登山については、両県で作る富士山の適正利用推進協議会が今月12日に会議を開き、コロナ禍の「富士登山マナー」15項目を定め、富士登山の公式サイトにアップしている。
 山小屋の営業については、宿泊者数の制限や「3密」(密閉、密集、密接)回避を工夫する「感染症予防対策に係る基準」が発表された。基準には、就寝スペースは1人約2畳分を確保する▽食堂ではグループごとにアクリル板や透明ビニールカーテンで仕切りを設けることなどが盛り込まれた。

森林文化協会からのお知らせ

東御苑だより

緑の情報アラカルト

ニュースピックアップ

PAGE TOP