ニュースピックアップ
ニュースピックアップ

マツ13本伐採、結論持ち越し 虹の松原巡り唐津市 /佐賀県

 唐津市は17日、副市長や部長らによる会議を開き、「虹の松原」の県道での交通死亡事故に絡んで県が沿道のマツ13本を「早急に伐採すべきだ」としたことなどへの対応を話し合ったが、結論を持ち越した。松原保護団体の関係者や住民、事業者などによる昨年12月の協議会で出た意見に対する市の回答を「よりきめ細かく、分かりやすく整理する必要があるため」としている。
 17日の会議では、伐採対象の13本の評価や、松原保全と安全対策の方向性などを話し合ったが、もう1回会議を開いて細部を詰めることにした。12月の協議会では「伐採以外の安全対策を検討しないと後悔する」「伐採ありき、が前面に出ている」などの意見が出ていた。

森林文化協会からのお知らせ

東御苑だより

緑の情報アラカルト

ニュースピックアップ

PAGE TOP