ニュースピックアップ
ニュースピックアップ

植樹祭の木材が積み木に「変身」 尾張旭の団体、保育園に /愛知県

 尾張旭市の市民団体「地域環境活性化協議会」が、天皇皇后両陛下が出席した5月の全国植樹祭で使った木材を活用し、積み木をつくり、同市内の保育園にプレゼントしている。
 この木材は、都市の木質化を目指して活動する学生グループ「MOKKO(もっこ)」が、植樹祭の式典会場となった森林公園に設置したベンチの一部。終了後、同協議会が譲り受けた木材を積み木に加工した。
 同市西大道町の市立中部保育園では4日、贈呈式があった。代表の高橋賢一さんは「子どもたちが木のぬくもりに触れることで、植樹祭のテーマの『木に託す もり・まち・人の あす・未来』の実現につなげてほしい」と話した。
 積み木は、クリスマスプレゼントとして市内公立保育園全8園に寄贈される。

森林文化協会からのお知らせ

東御苑だより

緑の情報アラカルト

ニュースピックアップ

PAGE TOP