ニュースピックアップ
ニュースピックアップ

松林の再生願い、アカマツを植樹 那須で小学生ら /栃木県

 那須町の日光国立公園内にある「那須街道赤松林」で、アカマツの植樹作業があった。地元の小学生らが苗を植えていき、里山林の保存に一役買った。
 塩那森林管理署と、赤松林に住むオオタカを保護しているNPO法人が主催した。松くい虫の被害で年々数が減るアカマツを再生させるねらいで企画された。黒磯地域のガールスカウトの小学生と自然愛好家ら約50人が参加した。
 植樹前に、参加者は松林には天皇ご夫妻の長女愛子さまのご誕生記念の森があり、オオタカの生息地であると説明を受けた。
 参加者は熊手で枯れ葉などを除いた上で、クワで穴を掘って25センチ前後のアカマツの苗200本を丁寧に植えた。小学5年の秋葉美波さんは「アカマツでいっぱいになったら、もっとすてきな林になると思う」と話していた。

森林文化協会からのお知らせ

東御苑だより

緑の情報アラカルト

ニュースピックアップ

PAGE TOP