ニュースピックアップ
ニュースピックアップ

森林整備専門家ら倒木処理 千葉の私有林 台風15号 /千葉県

 台風15号で被害を受けた千葉市緑区土気町の山武杉の林で5日、所有者の依頼を受けた森林整備の専門家や大学院生らのボランティア17人が、倒木処理にあたった。病気で倒れる恐れがある木も伐採し、合わせて12本を運び出した。
 東金市の田島俊介さん(36)が中心になって作業をした。「大変な時で、少しでも自分の経験が生かせれば」と田島さん。東京大学の大学院生9人も参加した。指導する佐藤淳准教授(49)は「災害に強い建築を学ぶ学生の勉強になる」。院生の大霜潤也さん(25)は「思った以上に時間がかかった。力になれることがあれば、今後も取り組みたい」と話した。
 林の所有者の石井ひろみさん(47)は「皆さんのお陰で順調に進んだ。学生の方も、とても積極的に取り組んでくれてありがたい」と笑顔だった。切り出した木の一部は、薪にしたりイベントで利用したりするという。

森林文化協会からのお知らせ

東御苑だより

緑の情報アラカルト

ニュースピックアップ

PAGE TOP