ニュースピックアップ
ニュースピックアップ

エコな除草、ヤギに活動委嘱 潮来市 /茨城県

 雑草をヤギに食べてもらう除草実験が、潮来市立牛堀小学校(大崎一寿校長、235人)で10日から始まった。約1カ月間は同小で、その後は公園などで実験し、来年1月に結果をまとめる。結果が良ければ、来年度は頭数を増やす可能性もあるという。
 ヤギは、同小の卒業生で酪農・畜産業を営む橋本勇作さん(58)が昨年12月、ペットとして購入した3頭。いずれも雌で、7月に児童たちの投票で「しずく」「ハッピー」「ココ」と名付けられ、市から「エコ活動員」を委嘱された。担当者は「除草だけでなく、触れ合うことで命の大切さを学んでほしいと考えた」。
 大崎校長は「動物を飼っている家が少なくなり、特にヤギは珍しいので、児童たちは貴重な経験ができると思う」と話している。

森林文化協会からのお知らせ

東御苑だより

緑の情報アラカルト

ニュースピックアップ

PAGE TOP