ニュースピックアップ
ニュースピックアップ

コメ作柄、4年ぶり「やや良」 /秋田県

 東北農政局は30日、今年のコメの作柄(8月15日時点の予想収量)について、平年より「やや良」(平年比105~102%)とする調査結果を発表した。この時期の作柄が「やや良」になるのは4年ぶり。過去3年はいずれも平年並みだった。
 5月の田植え期以降、おおむね天候に恵まれ、気温も日照時間も平年を上回ることが多く、生育が順調に進んだという。出穂最盛期は8月2日で、平年に比べて2日早くなった。穂数も多くなったため、単位面積あたりのもみ数は平年比で「やや多い」と見込む。
 5~6月に小雨が続き、一部地域でため池の貯水量が不足したが、影響は限定的という。今年は東日本は天候が良い地域が多く、北海道、東北6県、新潟などの米どころでいずれも作柄が「やや良」となった。
 もみの実り具合は、県内では平年並み。今後の気温や日照時間、台風による影響などで実際の収量が決まってくる。

森林文化協会からのお知らせ

東御苑だより

緑の情報アラカルト

ニュースピックアップ

PAGE TOP