ニュースピックアップ
ニュースピックアップ

赤石渓流線全線4年半ぶり復旧 観光客に期待 鰺ケ沢 /青森県

 2015年2月の土砂崩れで約14キロにわたって通行止めになっていた鰺ケ沢町の町道赤石渓流線(全長15・6キロ)が26日、4年半ぶりに復旧し全線開通した。同線沿いの人気スポット「くろくまの滝」に行けるようになったほか、白神山地を横断する県道岩崎西目屋弘前線(白神ライン)とつながり、地元の関係者らは観光客の足が戻ることを期待している。
 県が代行事業として約5億円を投じ、土砂の崩落地点を迂回(うかい)する740メートルのバイパス路を整備した。くろくまの滝と赤石渓流線をつなぐ遊歩道(約600メートル)にも損傷箇所があったが、町が整備し仮復旧した。
 この日は午前10時からバイパス路ができた同町一ツ森町で開通セレモニーがあり、平田衛町長ら関係者によるテープカットが行われた。平田町長は車で道路を視察後、「秋の行楽シーズンに向けて多くの方に来ていただけると期待している。渓流や紅葉の美しさをPRしていきたい」と話した。赤石渓流線と白神ラインは冬季は閉鎖される。

森林文化協会からのお知らせ

東御苑だより

緑の情報アラカルト

ニュースピックアップ

PAGE TOP