ニュースピックアップ
ニュースピックアップ

「復興本部会議」、今月末で閉会 丹波市、豪雨災害で /兵庫県

 丹波市は16日、2014年8月の丹波豪雨災害からの復興策を検討してきた「復興本部会議」を今月末で閉じることを決めた。県と市が連携して取り組む道路や河川などの復旧事業がほぼ完了したことを踏まえた措置。12月には、被害や復興の取り組みをまとめた復興記録誌を発行する。
 丹波豪雨では、1人が亡くなり、4人がけがをしたほか、住宅1千棟以上が全壊などの被害を受けた。道路や河川、農地などの復旧工事は4カ所を残すのみで21年度には全て完了する見込み。市は復興推進室についても今年度末で廃止し、まちづくり部などに役割を引き継ぐ。
 被災した88世帯を対象に市が5月に実施した意識調査では、9割以上の世帯が災害から4年目までに「仕事や学校がもとに戻った」と感じているが、「自分が被災者だと意識しなくなった」と答えた世帯は5割以下。市は「心の復興にはまだ時間がかかる」とする。
 谷口進一市長は「全国でも例を見ない速さで復旧が進んだ。多くの方に感謝したい」とし、「子どもたちへの防災教育を進め、住民による復興活動が続くよう考えたい」と話している。

森林文化協会からのお知らせ

東御苑だより

緑の情報アラカルト

ニュースピックアップ

PAGE TOP